呼吸器疾患の診断のために欠かせない検査として気管支鏡(呼吸器内視鏡)検査があります。肺がんや悪性の呼吸器疾患のみならず、良性や炎症性の呼吸器疾患の確定診断にも用いられます。他には診断方法としてCTガイド下肺生検がありますが、より合併症の少ない気管支鏡(呼吸器内視鏡)下生検が行われます。

当院の院長は、日本呼吸器内視鏡学会認定 気管支鏡専門医と指導医の資格を有し、開院するまでに約1万件以上(1997年~2020年8月現在)の気管支鏡(呼吸器内視鏡)検査を行ってきました。現在も湘南鎌倉総合病院・呼吸器内科の非常勤医師(2020年8月まで主任部長として勤務)として、仮想気管支ナビゲーションシステムとガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS法)を組み合わせたGuided Bronchoscopyや超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA; Endobronchial Ultrasound Guided Transbronchial Needle Aspiration)を用いた生検診断を行っています。

超音波気管支鏡ガイド下
針生検(EBUS-TBNA)

コンベックス走査式超音波気管支鏡(Convex probe endobronchial ultrasound; CP-EBUS)は2002年に本邦で開発され、現在は呼吸器内科医にとって肺癌診療における治療方針決定の上で欠かすことのできない気管支鏡手技です。肺がんのドライバー遺伝子異常の検索にも耐え得る充分量の組織サンプルが得られ、特に肺癌リンパ節転移診断における累積感度は88-93%、累積特異度は100%と良好な成績が報告されています。

EBUS-TBNAの適応症例

肺がんの原発巣サイズが小さいため同部位からの生検診断は困難だが、縦隔・肺門リンパ節転が腫大している症例。

末梢肺野小型病変に対するGuided Bronchoscopy

Guided Bronchoscopy

末梢肺野小型病変に対し様々なGuideを用いてアプローチする手法です。Meta-analysisにおいても従来の透視のみを用いた経気管支肺生検(TBLB)に比し診断率向上に寄与することが報告されています。Guided BronchoscopyにおけるGuideには以下の4種類が挙げられ、実際にこれらの全てを使用して生検を行っています。

仮想気管支ナビゲーション
(VBN; Virtual Bronchoscopic
Navigation)

中心的役割を持つGuideになります。病変到達までの仮想気管支内腔画像や仮想気管支ナビゲーションルート等の仮想情報を基に使用する気管支ファイバーを選択し、さらにそれに適合するGuideを組み合わせます。つまりVBNを軸にシミュレーションして可能な限り複数のGuideを組み合わせる手法が最も診断率の向上に寄与します。

ガイドシース併用気管支腔内
超音波断層法 (EBUS-GS法)

Guide Sheath(GS)とRadial-Type EBUS(R-EBUS)を併用した診断手技がEBUS-GS法で、この2種類のGuideを使用することで診断率は向上します。R-EBUSとはRadial-Typeの細径超音波プローブのことであり、外径2.0mm (UM-20-20R, Olympus)と1.7mm (UM-20-17S)の2種類があります。GSを使用することで生検手技における固定性および再現性が高まり、また合併症の一つである重篤な気道出血も回避することができます。つまり再現性の高い生検手技回数を増やすことができ、安全に良質で充分量の肺組織サンプルを確保できるメリットがあります。またR-EBUSによる病変の超音波画像所見は生検処置具の選択性にも影響を与えます。Radial型超音波画像に基づく病変到達所見としてWithin, Adjacent to, Blizzard等の所見分類があり、Withinに比しAdjacent toの病変診断率が22%低下することが報告されています。

昌 内科医院

〒251-0052 
神奈川県藤沢市藤沢1006-1-1F

0466-50-1159(いい呼吸)

0466-50-1158

診療科目
内科・呼吸器内科・アレルギー科
アクセス
藤沢駅北口(徒歩6分)
院長
三沢 昌史 Masafumi Misawa (医学博士)
休診:木曜・日曜・祝日
※木曜は湘南鎌倉総合病院にて診療しています
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:30~18:00